ACT222への滾り【君を照らす星あかりは】

カテゴリ: 本誌への滾り  / テーマ: 漫画の感想  / ジャンル: アニメ・コミック

こんばんは、吟千代です。

20日ですね本誌発売日です。
今月は滾りというかなんというか……

本誌内容に触れてます。ネタバレお断りの方はこちらでお引き取り下さいませ。
何でも大丈夫な方は折りたたみよりどうぞ。
(今回はイラストあり)


(Do not upload/use my works without permission.)
(私の作品を無断転載しないでください。)




扉絵はショータロー。
最近出番が多いですね。
キョコの深淵に触れるお話ですから、幼馴染たる彼をやはり欠かすことができません。

移動中の車の中で偶然冴菜さんが出演している番組を見てしまいました。
前号で敦賀さんも今回のショータローも『偶然』見てしまう。
キョコを愛する男には必然なんでだろうなと。

キョコが番組を見ていないか心配しています。
「キョーコ …アイツ  みてねーだろうな   …」
真剣な表情で携帯を眺めております。
そして違う場所でも同じくキョコを思いながら携帯を見つめる男が……


時間は少し遡ってインタビュー終了後にLME社屋内と思われるバースペースでローリィ・敦賀さん・ヤッシーでご歓談のご様子。
ヤッシーがお酒を飲む姿は新鮮です。色気がありますな、綺麗です。
セバスチャン(仮)はシェイカーを振る姿も様になります。
この人何でもできるな。

状況の報告も兼ねているのでしょうか和やかにトラマトークを交わしていたのに敦賀さんは突如指示器も出さずに話の進路を変更。
冴菜さんがキョコの芸能活動を許可した時のことを質問します。
ビックリすんだろ急ハンドル と突っ込むローリィに

「頭ではずっとそれについて考えていたので いきなり話の腰を折ったつもりはありませんでした」

と、普通の表情で答えてます。
あれかな、少し前ならぼやかした言い訳じみたセリフ吐いてそうですが、もうキョコに対する想いを隠すつもりはないのか素直だな。成長かな?
でも話題が話題だけに心配だもんな。ストレートに言うか。

社長に冴菜さんが言ったことも、テレビでのあの発言もキョコの立場を気遣ってのものですよね?と聞こうとしたらローリィのあの表情。
この人がこんな表情をするなんて、ローリィの人となりをよく知っているであろう敦賀さんにはある種衝撃でしょうな。

キョコのことを思うと心配でならないようです。あの番組を見ていただろうか?
携帯を眺めてお悩みちゅう。
電話かけるべきか、声で番組見たかどうかわかるだろうか?でも過去に演技でごまかされたし、この時間に電話して何から切り出したらいいのか、自分の不自然な探りが番組を見ていなかった場合のキョコが見るきっかけになってしまうのではないか?
ならば後日会う機会を作って……
と色々思い悩んでいらっしゃる脳裏に浮かんだのは幼き日の泣きじゃくるキョコの姿。
愛する少女が今この時に心痛めて泣いているかもしれない   
そう思ったとき、男はじっとしていられるのでしょうか?


場面変わりましてだるま屋。
やはり見ていました。
女将さんと一緒に見ていたというのが象徴的です。
前号までで母親に対する諦観と、でも周りには愛すべき人がいるからと前向きな考えを持っていたのに、今まで見たこともないような表情で固まるキョコ。
女将さんの声も聞こえないような様子で部屋に戻り鞄ひっくり返して出した『コーン』を鷲掴んで裏口から外に飛び出したとこには誰よりも近くでキョコと冴菜さんを見てきた幼馴染が佇んでいた。
そして男はキョコの表情で全てを理解して次号に続きます。

今回でショータローはキョコにとってどうしても必要な男だと知りました。
彼でないとできないことがありますね。
でも、最終的にキョコに寄り添うのは敦賀さんであってね。敦賀さん、急いで。

個人的感想というか見解。
冴菜さんの発言の真意はわかりません。
冴菜さん自身が話さない限り誰もわからないんです。
でも自分の親から「私に子供はおりません」と言われたらキョコがどんな気持ちになるかと言う点に配慮はないように思われます。
何かしら思うところはあるかもしれませんがどんなに傷付くか想像はできると思うのです。
その辺についてはどうお思いなのでしょうか?知りたいです。
それでもあの発言、行動を貫く冴菜さんにはいったいどのような理由があるのでしょうか?
冴菜さんに子供がいると世間に知られてはいけない理由?
それともキョコに冴菜さんという親がいる事を知られてはいけない理由?
後者だとずっと前から気になっていたキョコの父親に関係することなのか?とも思っているのですが、これについてはここで発言するのはどうかと思うのでとりあえずやめておきます(今までお一人にしか話したことないですし)


とにかくね、私はキョコが泣かないのがつらい。
涙は我慢するととんでもないことになるから早く泣かせてあげたいのです。

というわけで私の願望を絵にしてみました。
敦賀さん、本当に頑張って。


dakko2.jpg

(画像クリックで大きくなります。縦長で見づらくてすみません。)

長々とお付き合いいただきました方々、ありがとうございました!

吟千代

スポンサーサイト

編集 / 2015.03.20 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント

No title

なんというか・・・今回は滾りというかとにかくラストが切ないですよね。キョコさんが・・・ううう、痛いです。
イラストも素敵でした。こんな風に素直に泣いてくれるといいな~。
…あ、なんか今ちょっと(続き妄想的ネタ)降りて来そうな予感??は気のせいだろうな、きっとw
色々思うことも多く、腐りかけた妄想もいくつかある様な内容な、って感じであっちこっちに思考を飛ばしてしまう回でしたがやっぱり仲村先生の展開は予想通りにはいかないんでしょうねー。

[ 2015.03.20 23:58 | 霜月さうら | URL | 編集 ]

Re: No title

さうらさん
コメント有難うございます~

そうなんですよ、滾りというかね……キョコを思うと心臓が痛すぎてつらいですよね。
本当にね、敦賀さんの腕の中では泣いたりわがまま言ったり出来るようになってほしいです。
お?ネタ降りてきそうですか?ふぁいとー!
仲村先生の展開は斜め上で予想不可なところがいいのですが、キョコが辛い思いした分と同量の幸せを与えてあげてほしいものです。
ご一緒にキョコの幸せを祈りましょうぞ~

[ 2015.03.21 20:12 | 吟千代 | URL | 編集 ]


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

吟千代

Author:吟千代
薄/明/光/線へようこそお越しくださいました。
当ブログはスキップビート!(時々デビルズライン)の二次創作イラストブログです。
二次創作に興味のない方はお引き取り下さい。
当然のことながら原作者様及び出版社様とは何の関係もございません。

※ 2014年4月15日アメーバブログ【吟千代のブログ http://ameblo.jp/better-than-love-0820/】より引越してまいりました。

8ヶ国語対応無断転載禁止バナー

リンク


参加企画

LME studio
主催 tempo2.0 sunny様

LME Hotel
主催 Tempo2.0 sunny様

『春爛漫!なぞなぞ祭り』
主催 ROSE IN THE SKY EMIRI様

花束企画

闇鍋企画
主催 薄/明/光/線 吟千代


相互リンク

SAMIDAREYA
こぶたのヒトリゴト。
ROSE IN THE SKY
Tempo2.0
光の箱庭
Terrarium分館
このブログをリンクに追加する

Pixiv

twitter

カウンター

次回キリ番は「20000」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アナライザー