ACT.205への滾り【今日も叫ぶぜ!】

カテゴリ: 本誌への滾り

こんばんは!


吟千代です。



本誌発売日でしたね!

読みましたよ!


前回は何とか我慢できたけど、今回は黙ってられない!もう、じっとしてられない!



そんなこんなで本誌への滾りです。

いつものごとく感想と言えないただの雄叫びです。

ネタバレノーセンキュー&正統派本誌感想以外は受け付けないわ!なお嬢たまはバックぷりーずでございます。


そしていつにもましてテンションおかしいのでかなーり言葉遣いが荒くなっているので、ご注意ください。

河内弁(大阪の一方言)でまくしたてますので、怒ってるように見えるかもですが、すべて褒め言葉ですからお間違いなくです。


「おう!なんでもこいや!」なおっとこまえのお嬢たまはお進みくださいー



ほな行くで~








ぎゃるぎゃるしいギャルに声を掛けられ振り向く見返り美人。


きらっきら!光ってますがな!流石高級玉(ハイボール)!

そらあんたそんなに光ってたらナンパもされるっちゅーねん。

取り敢えずその第三ボタンまで開いたシャツ、上まできっちりボタンとめてみよか?

ちょっとはオーラ薄なるかもしれんよ?(無理か)


カイン用にのばした髪を地色に戻したせいか、「敦賀蓮」には見えません。

なんやろ、この幼さ・・・なんかグッとこみ上げるものがある。落ち着け自分。



ビーチの看板を見つけ、海まで来たクオン君。

ぼやーんとしてます。

「敦賀蓮」として生きてきた時間が長く、封印していた「クオン」を解放しているからなのか、こんなに無防備な表情は初めてなのではないでしょうか?

あれ又こみあげてきた。チクショウ、なんか苦しいぞ。



覗き込んだ海にちょろっと見えた南国の魚。

おう、めっちゃ見てます。


おもむろに財布を隠しておっきな石をぬっしぬっしと吟味。

5kg以上はありそうな石を軽々両手に持ってます。

で、多分重い方もって無造作に入水。

ちょっときょろきょろしてじっとみて・・・・トプン!




ぎゃああああああああああああああああああああ!!!!!




なに?なんなん?なんやねん!このごっつ可愛い生き物!!!!!


人魚の王子ちゃま(お姫ちゃま)海中で眷属と戯れる之図。

めっさかわいらしいのーーーーーーーー!


ああああ、アカン、血圧に響く。体に良くない。この王子を直視してはいけない。



と思ってたら場面転換でローリィ登場。

おおう、社長お次は三国志?曹・操かな?

ちょっとやつれて見えますが、パスポート取得で母親と連絡を取ったキョコたんを慮っているせいか。

辛くても自分で決めて行動してしまうキョコを心配するその姿はもう、保護者のそれ。

もっと甘えてもいいんだよー(といっても自分の勤め先の経営者に甘えるなんてキョコにはできないか)


それにしても「あの娘が言っていたことも気になるがーーー・・・」ってなに?

私も気になります。なんかいやな予感がするよ。


そしてグアムにいる二人を心配するも、「うっかり鉢合わせても、蓮さえ知らん顔を決め込めば大きな問題にはならんはずだーー」とつぶやくローリィ。

そう、蓮さえ知らん顔を決め込めればね。にやり。



で、その心配されてる人、再び登場。

海の中からこんにゃちわー!

何回目かの浮上でちょっと息が上がってハァハァ言ってます。

わたしゃさっきからずっとハアハア言ってます。


ここで前号のラストとつながりまして、キョコたんとご対面ー!

髪をかき上げた姿勢のままで固まってます。

先ほどまでの幼さはどこへやら。

セクシーダイナマイツ!

まとわりつく濡れたシャツに私はなりたい。


見つめあい、固まる二人。

クオン君大ぴーんち!ばれちゃうの?俺、ばれちゃうの?

きっといろんな言い訳大嘘百万語渦巻いてるんやろうなー。

それもこれもキョコたんの反応次第!


キョコたんの第一声は!?

「敦賀さん?」なの?「コーン?」なの?


「コー・・・」

でした!


そのたぐいまれなる容貌は彼女の記憶に鮮明に焼き付いていたのでしょう。

『ダイヤの粒子を含んだみたいにキラキラ輝く金の髪』『シルクの様に滑らかでやわらかい事ーー』

「あの子が大人になったら」「まさしくあんな感じ」

魅力ノンリミット解放中の神の創造物はキョコたんの絶対視感を上回りました。


で、そのキョコたんの反応を見て一瞬にして久遠の行動が決まったようです。


「知らん顔」


厳しい顔つきで「下賤な人間の分際で、気安く俺に話しかけるな」と一瞥。

バリア張ってしまったクオンに、キョコたんそれ以上話しかけられず、ドーンと落ち込む。

それをちらと見てクオンもドーン!

そうよね、そうなるよね。

あははーん!かわいいよね!



コーンの様にそれとすぐにわかる特徴を持っていない自分に気付くハズもないと、色々変わってしまった自分を悔やむように落ち込むキョコたんの脳裏に一瞬浮かんだ人。

それは優しい目の愛しい人。

そう、過去の自分も今の自分もすべてに意味があり、これからの未来へ続いていくためのもの。


「私なんかが」というキョコはもういません。


そんなぼんやりと物思うキョコのまえに・・・

じっと見つめる三白眼王子再臨!


戻っていらしゃったーー!

そうよね、そうなるよね。


おもむろに取り出した木の枝で砂に

「もしかして キョーコちゃん?」とかく無表情王子


ばっと顔を上げて嬉しそうに微笑むキョコたんのなんて愛らしい事!

愛する少女に万感をこめて「コーン・・・・ッ」と呼ばれたクオン君の理性はどこまでもつのか!?

マテ次号!


知らん顔を決め込めなかったから大きなことが待っているハズよねー!

大きな期待をこめつつ来月まで正座待機です。



はーもう、疲れた。

本誌読むと毎号体力削がれるんよ。

でも、これが楽しいのですじゃー ←ドMの証拠



それにしてもクオン君の瞳の色は『グリーン』だったのですね。


うん、今まで思いっきり青で描いてたよ。

全部塗り直したいよ orz




そんなこんなでオマケはグリーンな瞳のクオン王子

(旦那が帰ってきてタイムアウトに付きまともな色塗りなしですが)


『光に透けると赤茶色に一瞬変わる』ですとな?

難しいわーい!

えぐえぐ、絵描き泣かせですよ!にゃかむらてんてー




吟千代のブログ





吟千代のブログ




長々とお付き合いいただきありがとうございました。



吟千代

スポンサーサイト
(Do not upload/use my works without permission.)
(私の作品を無断転載しないでください。)

編集 / 2013.10.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

吟千代

Author:吟千代
薄/明/光/線へようこそお越しくださいました。
当ブログはスキップビート!(時々デビルズライン)の二次創作イラストブログです。
二次創作に興味のない方はお引き取り下さい。
当然のことながら原作者様及び出版社様とは何の関係もございません。

※ 2014年4月15日アメーバブログ【吟千代のブログ http://ameblo.jp/better-than-love-0820/】より引越してまいりました。

8ヶ国語対応無断転載禁止バナー

リンク


参加企画

LME studio
主催 tempo2.0 sunny様

LME Hotel
主催 Tempo2.0 sunny様

『春爛漫!なぞなぞ祭り』
主催 ROSE IN THE SKY EMIRI様

花束企画

闇鍋企画
主催 薄/明/光/線 吟千代


相互リンク

SAMIDAREYA
こぶたのヒトリゴト。
ROSE IN THE SKY
Tempo2.0
光の箱庭
Terrarium分館
このブログをリンクに追加する

Pixiv

twitter

カウンター

次回キリ番は「20000」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アナライザー